「スモールウィン」を感じてもらえる副業人材の特徴【応募書類編】

副業面談

JOINSは、地域企業(以下、企業)と副業プロ人材(以下、人材)が「長く、お互いに応えあう関係」を築くことを目指しています。

具体的には、企業が抱える「今、解決したい課題(≒副業人材にお願いしたい仕事)」に対して、人材から「自分ならこう課題を解決します」と提案し、人材と企業が直接契約を結ぶダイレクトマッチングです。

 人材が、企業にとって「長く、頼りになる存在」になるためには、はじめのステップとして、まず企業の課題に真摯に取り組み、一緒に汗をかいて、小さな成果(スモールウィン)を上げることが大切です。

そのプロセスや成果がお互いの信頼のベースをつくり、「次の仕事」が生まれ、中長期的な関係につながっていくと考えています。

 応募書類(提案)を読んで、スモールウィンをイメージできるか

企業は、「今、解決したい課題」に対して、スモールウィンを実現してくれそうな人材との出会いを求めています。人材側から見たマッチングの基本プロセスは、募集案件の選択→応募→1次面談→2次面談→契約(業務開始)という流れです。最初の接点である「応募(提案)」の段階で、企業側にスモールウィンをイメージしてもらえるか、「一度会って話を聞いてみたい」と思ってもらえるかが肝になります。

書類選考をクリアし、1次面談に進む人材の応募書類(提案)には、どんな特徴があるのでしょうか。直近の約8カ月間(2020年8月~2021年3月)でJOINSがマッチングを支援した実績によると、募集案件1件あたりに対する応募人数は平均7~8人。

このうち1次面談に進んだ人は平均3~4人、2次面談は平均1~2人でした。もちろん個別のケースによって異なりますが、おおむね応募から1次面談の段階で約半数の提案がスクリーニングされていることになります。

面談に進む人材の応募書類(提案)の共通点

そこで、JOINSのいくつかの事例をもとに、面談に進んだ(一度会って話を聞いてみようと思ってもらえた)応募書類の共通点を探り、次の3つの仮説を立てました。


3つの仮説
(1)○○の経験がある・貢献できる(CAN)
   +○○に共感した・是非やりたい(WILL)がある
(2)具体的な自分の考え・主張だけではなく、

   自分なりの「納得解」を探る構えも見せている
(3)相手が見ている「景色」を想像して書いていることが伝わる

(1)○○の経験がある・貢献できる(CAN)+○○に共感した・是非やりたい(WILL)がある

 自分の経験やスキルを客観的・具体的に示して、自分には何ができるか(CAN)を証明することは、相手にスモールウィンをイメージしてもらうために不可欠な要素です。

 企業の経営者や採用担当者に「どんな人と仕事がしたいですか?」とたずねてみると、自分たちが実現したいことに共感してくれる人、目標に向かって一緒に汗をかいてくれる人、熱意や想いを持っている人、などWILLを重視した答えが返ってくることが少なくありません。※1

 実際に企業の目にとまり1次面談に進んだ応募・提案には、なぜそれに取り組みたいのか、何が自分を突き動かすのか(WILL)、企業の課題を自分ごととして捉えているという熱量がある 。きっと、応募書類の文面からでも人柄や熱量が伝わることは十分あるのですね。


POINT
企業の経営者や採用担当者が一緒に仕事をしたい人の特徴
・自分たちが実現したいことに共感してくれる人
・目標に向かって一緒に汗をかいてくれる人
・熱意や想いを持っている人

(2)具体的な自分の考え・主張だけでなく、自分なりの「納得解」を探る構えも見せている

 企業が抱える課題に対して、解決のためのプロセスや成果イメージを具体的に説明する姿勢は大切です。分野や難易度によっては、自分の専門知識や経験則に基づく解決策を示すことで、提案内容にリアリティを感じてもらえるかもしれません。

 ただし、気を付けたいのは、この時点ではまだ「限られた情報をもとに会話を始めようとしている段階」だということです。募集案件のページで表現しきれていない事情や経緯が、企業側にあるかもしれません。

人材側も、応募書類の限られたスペースで、まだ伝えきれていない情報があるかもしれません。お互いに見えていない部分がある前提で、それを確認しながら共に解決策を探っていく。応募書類ではそのための「たたき台」として自分の提案を示す、そんなスタンスも大切です。


POINT
お互いに見えていない部分がある前提で、それを確認しながら共に解決策を探っていく(決め打ちしない)スタンスが大切。応募書類は、面談以降のプロセスで認識をすりあわせていくための「たたき台」。

(3)相手が見ている「景色」を想像して書いていることが伝わる

 もし皆さんが企業の経営者だったら、どんな景色が見え、どんな毎日を過ごしているでしょうか。経営者がやるべきことが溢れていて、どれも重要に思えて整理がつかない、という状況であれば、経営者の話に耳を傾け、そのうえで「このあたりから手をつけてはどうか」と見解を示してくれる人が助けになるかもしれません。

 やりたいことは明確なのに、専門的な知見が乏しいゆえに意思決定できずにいる、という状況であれば、専門用語をわかりやすい言葉に置き換えてくれる人、特殊な事象を馴染みのあることに例えてくれる人が必要かもしれません。

企業に選ばれる人材の応募書類や提案を見ていると、そんな相手の視点に立ったコミュニケーションは文字だけのやりとりでも可能であることが分かります。


POINT
・何が一番の課題なのかを特定するところからサポートが必要なケースもある
・専門的な用語をなるべく使わず、わかりやすい言葉に置き換えて伝える
・相手の立場に立ったコミュニケーションは、文字だけのやりとりでも可能

 読む人の文脈にあわせて書いているか

解決したい課題は企業によって様々です。似たような課題に見えても、企業の歴史や風土などによって論点が違ってくることもあります。そのため、どんな内容や書き方が目に留まるか、何を重視するかは読み手によって異なり、当たり前ですが「応募書類の書き方」に正解はありません。しかし、実際に企業に選ばれている応募書類の共通点を参考にすることはできそうです。

 今回紹介した3つの点に共通しているのは、「読み手の文脈にあわせて書こうとしている」ことです。相手が何を持っていて、何を持っていないか。だから今、何を求めているのか。

今は自社の公式サイトを持っていることも珍しくありませんから、そのような公開情報に一通り目を通すことは当然として、見えない部分は想像で補いながら、何をどれくらい伝えれば、スモールウィンをイメージしてもらえるか、そんなことに考えを巡らせ、自分の提案(仮説)を組み立てていくプロセスこそが大事なのかもしれません。

※1|JOINSでは、各募集案件のページに企業の経営者や採用担当者へのインタビュー動画を掲載しています。そこでの質問「どんな方に応募してほしいですか?」に対する答えも、その企業の価値観や温度感を推し量る材料として参考にしてみてください。

(イラスト|freepik.com