営業のお仕事・相場観

営業のお仕事の中央値

時給¥3,500
平均稼働時間60h〜80h

営業のお仕事の
業界トレンド

営業の分野では、地方の中小企業の大都市圏の法人顧客向けの営業と海外顧客向けの営業の2つのニーズに分けれれます。 大都市圏向け営業は、これまでは、各社が営業所などをおいて現地で人材を採用しているケースも多かったのですが、ピンポイントに大都市在住者を営業で活用できることで事務所費用などの固定費不要で営業メンバーを活用できある程度成果も出ることがわかってきたことからニーズが高まっています。また、コロナ禍の影響で地方から大都市への行き来がしづらくなったことでこのニーズが加速しています。 海外顧客向け営業は、日本酒の酒蔵など、特にアジア圏での市場が広がっている中で、首都圏からの方が現地訪問しやすいことや一人分の海外営業人員を抱えるほどの業務量がないことなどから、シンガポールや香港などに駐在経験がある方などを対象にニーズが出てきています。

営業
お仕事の種類

国内営業

主な業種:食品製造、飲食・宿泊、医薬品・化学製造、素材製造・加工、その他製造業(健康器具)、農業・林業・漁業(生花、野菜)、インフラ、機械・電子部品製造など
業務内容:主に地方の中小企業の製品・サービスの大都市の法人顧客向け営業業務。既存顧客の場合は、定期的に訪問し、受注拡大のためのヒアリング・営業チームとの対策の検討と決めた対応策の実行業務を行います。新規顧客の場合は、すでに企業側が保有する潜在顧客リストを元に、営業用資料作成、アポイント、商談を行う場合と、潜在顧客リスト作成から共に対応する業務もあります。

国内営業
で主に行うお仕事

法人向け営業業務

主に地方の中小企業の製品・サービスの大都市の法人顧客向け営業業務です。

既存顧客のサポート

定期的に訪問し、受注拡大のためのヒアリング・営業チームとの対策の検討と決めた対応策の実行業務を行います。

新規顧客の開拓

企業側が保有する潜在顧客リストを元に、営業用資料作成、アポイント、商談を行う場合と、潜在顧客リスト作成から共に対応する業務もあります。

海外営業

主な業種:機械・電子部品製造、商社・卸売、食品製造(日本酒)など
業務内容:日本製・日本ブランドの商品を海外で販売するため、市場調査やマーケティング、営業戦略の立案、現地パートナー企業の開拓、クレーム対応、契約関連業務などを行う。現地パートナー企業との担当窓口(事業リスクの調査・評価、契約内容のチェックなど)、英語での商品説明文の作成や、現地顧客への営業活動や商談、及び問い合わせ対応などを行う。既存展開国や新規展開国での新規顧客開拓のための営業活動や既存展開国での既存顧客への更なる商品の拡販を行う。

海外営業
で主に行うお仕事

新規顧客開拓

新規展開国での新規顧客開拓のための営業活動や既存展開国での既存顧客への更なる商品の拡販を行います。

市場調査やマーケティング

日本製・日本ブランドの商品を海外で販売するため、市場調査やマーケティングを行います。

現地パートナー企業との接客

現地パートナー企業との担当窓口(事業リスクの調査・評価、契約内容のチェックなど)、英語での商品説明文の作成や、現地顧客への営業活動や商談、及び問い合わせ対応などを行います。

営業プロセス改善

主な業種:飲食・宿泊、食品製造など
業務内容:属人化している営業活動や営業プロセス(見込み客や既存顧客との商談や訪問、セールスポイントの訴求、契約(受注)に至るまでの一連のプロセス)を整理して、標準化した営業の型を作ることで営業全体のプロセス改善を行う。 また、営業における業務フローの改善や各ステップの明確化(営業活動の効率化、コスト改善、生産性向上、新規案件や売上の増加など)のための施策を考え、自社の営業活動における課題やボトルネックを見つけ改善する。

営業プロセス改善
で主に行うお仕事

営業プロセス整理

見込み客や既存顧客との商談や訪問、セールスポイントの訴求、契約(受注)に至るまでの一連のプロセスを整理する業務です。

業務フローの改善

営業活動の効率化、コスト改善、生産性向上、新規案件や売上の増加などのための施策を考え、業務フローの改善を行います。

各ステップの明確化

営業活動の効率化、コスト改善、生産性向上、新規案件や売上の増加などのための施策を考え、自社の営業活動における課題やボトルネックを明確化する業務です。