ニュース



1次面談向け「心理的安全性プログラム」入力機能を追加いたしました。

こんにちは。JOINSの山上と申します。
皆様にご利用いただいているWebサービスプロダクトのデザイン監修を担当しております。

機能更新につきましてご報告をさせていただきます。
今回ご報告する主な機能追加内容および当社の意図としては以下となります。

1次面談向け「心理的安全性プログラム」入力機能をWebサービスに追加いたしました。

JOINSでは案件募集からマッチングに至るまでの間に、パートナー人材の皆様と企業のご担当者様との間で「心理的安全性プログラム」を実施いただいております。
面談において、業務内容やスキルの確認だけでなくお互いの人柄や価値観も知り合って頂き、後の業務を円滑にするための設問回答プログラムで、一次面談のWeb会議前に一回、対面での面談前に一回と、それぞれ別の設問で二回実施いただいております。

これまでは、ご回答いただいた1次面談向けの心理的安全性プログラムシートをJOINS担当者に一旦メールでご連絡いただき、パートナー人材の皆様、企業ご担当者様にお互いのデータをそれぞれ転送するという形を取らせていただいておりました。

今回改良した機能によって、1次面談向けの心理的安全性プログラムシートをJOINS担当者を介することなく、Webサービス上で入力・表示していただけるようになりました。
そのため、1次面談の当事者間で直接シートの閲覧を行っていただけるようになり、面談に至るまでのステップをより簡便化することができました。

ご利用案内:

  1. 面談が決定された際、「心理的安全性プログラムを入力してください」というお知らせが「対応すること」欄に表示されます。
  2. 面談が決定された際、「心理的安全性プログラムを入力してください」というお知らせが「対応すること」欄に表示されます。
  3. ページ下の「一次面談の設問へ回答する」ボタンをクリックすると、入力フォームにジャンプしますので、それぞれの質問に対して回答してください。完了しましたら「保存」ボタンを押して保存してください。
  4. 案件に応募しているパートナー人材様、および企業ご担当者様、それぞれのプログラムシートを「Web面談」ページ内の「心理的安全性プログラム」欄より閲覧することができます。
  5. お互いの回答内容につきまして面談前にご確認いただき、面談にご活用ください。

既に面談が決定されていて、心理的安全性プログラムシートをJOINS担当者にご連絡いただいたユーザー様につきましては、新たに心理的安全性プログラムをご入力いただく必要はございません。
「対応すること」欄に一時的に「心理的安全性プログラムを入力してください」とのリンクが表示されますが、旧システムを利用し、メールにて心理的安全性プログラムシートを転送させていただきますので、そのまま面談を実施してださい。
しかしながら、現在とは別の面談を新たに希望される際にはWebサービス上でご入力いただく必要がございますので、その際はお手数おかけいたしますが、改めてご入力いただけますようよろしくお願いいたします。

本件へのお問い合わせなどございましたら、JOINSサービスメニュー内「お問い合わせ」よりご連絡くださいませ。
今後とも引き続きよろしくお願い申し上げます。