自走できる、ハイスキル人材が
¥100,000で採用可能

JOINSは地方企業と副業・兼業人材に特化したマッチングサービスです。
このご時世に、急速に激増する副業・兼業人材を活用して、
自社のデジタル化を加速しませんか?

副業・兼業人材という
新しい選択肢
提供します。

JOINSは地方企業と副業・兼業
プロ人材のマッチングサービスです。

JOINSは地方企業の副業・兼業に特化したマッチングサービスです。JOINSは現在8,000名以上の副業・兼業プロ人材の紹介を行なっており、中には大手IT企業で本業している人材も多数。副業・兼業人材は、正社員雇用と違って、社会保険料などの支払いが不要な分、採用コストが抑えられます。大手IT企業在籍の副業人材を低コストで活用できることでも、多くの地方企業様にご利用いただいております。

副業・兼業プロ人材活用で解決する3つのこと

自社のデジタル化に関する課題解決

副業・兼業プロ人材を活用することにより、自社のデジタル化に関する課題の発掘および、課題に対する施策立案が可能となります。副業・兼業プロ人材は、経験豊富なため、課題発掘〜施策遂行、効果検証までを基本的に行います。

採用コストの大幅な削減

副業・兼業プロ人材の雇用形態は、業務委託であることから、正社員雇用と違い、社会保険や雇用保険などがかかりません。また、稼働時間は平均で週1回〜3回ほどなので、平均時給が¥4,000の月40時間稼働であれば月々のコストは約¥160,000で採用が可能となります。※こちらのコストは例になります。

一緒に経営課題を考えてくれる人材と出会える

JOINSが紹介する副業・兼業プロ人材は、コンサルや外注と違って実際に手足を動かして課題解決を行なってくれる人材です。貴社の一員となって、社内側から経営課題を一緒に考えるケースがほとんどです。

お問い合わせ

ご相談はご気軽にお問い合わせください。
各地域の担当者がご案内します。

まずは無料相談してみる

JOINSの特徴

大手IT企業社員等約8,000人の
副業・兼業プロ人材が登録

JOINSでは、大手IT企業社員など、約8,000人以上の
副業・兼業プロ人材が登録をしております。

副業・兼業プロ人材のできる仕事の幅は広く、
ツール導入やEC改善など様々な種類の
デジタル化業務に対応しております。

利用手数料は月¥40,000で
最大12ヶ月まで *

JOINSの利用手数料は月¥40,000となります。12ヶ月以降の手数料は何回使用しても無料です。また、JOINSに登録するだけであれば、一切費用はかかりません。費用は人材とマッチングしてから発生します。納得のいく人材とマッチングするまで、何度でも無料で面談を行えます。

毎月解約が可能

JOINSのサービスは、毎月解約が可能です。また、解約に関する費用も一切かかりません。サービスに納得がいかない場合や、いい人材とマッチングできなった場合も、いつでも解約が可能です。弊社は、いい人材とマッチングできるまで全力サポートします。

デジタル化事例

JOINSの紹介する副業・兼業人材を採用した企業が、デジタル化に成功した事例です。

お問い合わせ

ご相談はご気軽にお問い合わせください。
各地域の担当者がご案内します。

まずは無料相談してみる

料金体系

人材へ支払う報酬

月々支払う人件費

平均¥100,000程度/月

その他の費用

面談を現地で行う場合
の交通費、宿泊費

※上記の金額は平均の報酬金額になります。業種や扱う仕事、人材により変動があります。報酬金額やサービスの内容についてのご相談・ご質問はこちらからお願い致します。

JOINSに支払う手数料

人材募集し契約するまで

無料

初月〜12ヶ月目まで

¥40,000/人・月

12ヶ月以降

無料

※手数料は一人につき、¥40,000で、契約中は12ヶ月目まで費用が発生します。

副業・兼業人材に
関するお悩み解決

副業・兼業プロ人材でも社員と同じように仕事をします。

副業や兼業と聞くと、「社員と同じような仕事を任せられない」や「外注とほとんど変わらない」などと思われてしまう企業様が多いようです。しかし、当社が紹介する、副業・兼業プロ人材は、その道のプロフェッショナルです。なおかつ、口だけでなく、手足を動かして、社員と同じ視点にたち、会社内から課題を根本的に解決してくれる人材が登録しております。そのため、当社が紹介する、副業・兼業プロ人材は社員とほとんど変わりません。

副業・兼業プロ人材は毎月解約できるのでリスクが低いです。

JOINSの副業・兼業プロ人材は毎月解約ができるのでリスクが低いです。万が一、成果が出ない場合には初月での解約も可能です。また、マッチングする人材は面談をした上で契約できるので人柄やスキルの部分を熟考して契約をする人材を決めることができます。また、面談を行うのは何度でも可能です。

副業・兼業プロ人材は、口や頭だけでなく、手足を動かして一緒に課題解決を行います。

JOINSが紹介する副業・兼業プロ人材は、コンサルや外注と違い、口や頭だけでなく、手足を動かして、施策の遂行や経営課題解決を一緒に行うことができます。また、外注などの社外での関係でなく、社内の人材と同じように動いてくれるのも大きなメリットです。

活用方法はたくさんあります!PDCAのPは社内、DCAは副業・兼業プロ人材などの活用方法の例などがあります。

自社がやらなければいけない業務が優先の場合は、優先タスクをPDCAで細分化して、細分化した中で副業・兼業プロ人材に依頼することも可能です。PDCAのP(計画)の部分は自社で行い、D(実行)C(評価)A(改善)の部分は副業・兼業プロ人材に任せることも可能です。

具体的な金額は人材によって異なりますが、正社員雇用よりも大幅にコストが削減できます。

副業・兼業プロ人材は、業務委託契約のため、正社員雇用と違い、月々の社会保険料や雇用保険の負担がありません。また、時給制のため、毎月決まったコストがかかるという確約はありません。

お問い合わせ

ご相談はご気軽にお問い合わせください。
各地域の担当者がご案内します。

まずは無料相談してみる