合同会社荘内半島オリーブ農園 (香川県)

企業概要

会社名合同会社荘内半島オリーブ農園
所在地〒769-1105 香川県三豊市詫間町積992
代表者名真鍋貴臣
設立年2015年
資本金8,000,000円
役員数2名
概算社員数6名 (正規・契約・アルバイト含む)
業界農業・林業・漁業
URL
ファイルなし
事業概要
オリーブの育成、オリーブオイルの生産(売上比率:33%〜50%)
カフェ、アンテナショップ運営(売上比率:10%〜33%)
ゲストハウス運営補助(売上比率:10%〜33%)
売上1億円未満
経営者
プロフィール
香川県三豊市詫間町生まれ。九州大学経済学部経済工学科卒業。1999年に新卒で(株)百十四銀行へ入行。支店勤務ののちシステム開発部門へ転勤。日本IBM、三菱東京UFJ銀行、ならびに地銀6行による共同プロジェクト「システム共同化プロジェクト」への参画を経て2010年同行を退社。家業である(株)香洋石油店へ戻る。2013年同社代表取締役に就任後、三豊市の観光基本計画策定に携わり、同計画の実行団体「みとよ100年観光会議」の会長へ就任する。その後、三豊市を中心とした観光事業を展開し、2015年には一棟貸コテージ「燧-Hiuchi-」をオープン。当施設はairbnbのプロモーションに取り上げられたことなどもあり、通年での満室率は8割を超える。その後、観光街づくり会社「(株)Draworth」や、複数のコテージを運営する「合同会社フィネストラ」を設立。2019年には父逝去に伴い「合同会社荘内半島オリーブ農園」の運営を引き継ぎ、現在4社の代表を務めている。
ビジョン・
企業理念
香川県三豊市は豊かな自然と温暖な気候に恵まれた、大変豊かな地域です。一方、少子化の加速や、働き盛り世代の減少など、日本の地方が抱える宿痾を同じように背負った地域です。
こういった環境にあって、地域に「楽しく」「自分らしく」暮らしていける環境を作りたいと思い活動して参りました。
地方の持つ魅力=資産は、そこで過ぎてきた時間によってもたらされた「ユニーク」で「オーセンティック」なモノであったり、コトであったり、人(営み)だと思っています。
私たちはそういった資産(ヒト、モノ、コト)を使いながら、それらを理解してくれる方々に価値を届け、関わる人たちが自分らしく暮らしていける環境を構築していきたいと思っています。
ともすれば「60までに3,000万円貯める」事に汲々としがちな現代社会ですが、私たちは「80まで働ける体と、自分らしく取り組める仕事」を提供できるように活動して参りたいと思います。

募集条件

初回契約の
条件概要
  • 契約形態
    • 企業とパートナー人材が直接の業務委託契約(企業から当社が業務を受託し、パートナー人材に再委託は致しません。)
    • 上記業務委託契約締結の契約成立日は、応募後の面談を経て、双方で条件を合意し、電子的な契約締結が完了した日となります。
  • 報酬
    • 業務委託契約で定めた時給単価×実稼働時間にて計算されます。
    • パートナー人材が毎月実稼働時間を計算し、自己申告の元、翌月5日までに請求書を企業に送付。企業が翌月末にパートナー人材の指定銀行口座に直接振込。
    • 現地訪問などに伴う交通費・宿泊費などの渡航費や資料費など事前に企業と合意の元に発生した諸経費の実費については企業負担(精算方法は原則、現地での企業との直接精算)となります。
  • 時給単価
    • 原則、パートナー人材側より業務内容やご自身の経験など踏まえて希望時給単価を企業側に提示ください。
    • 希望時給単価については、最初の契約締結時においては、0から5,000円の範囲でご選択頂いております。
    • パートナー人材が雇用契約のある企業の就業規則上、渡航費のみ企業負担で報酬なしを希望の場合は、0円をご提示ください。)
  • 稼働時間
    • 1ヶ月あたりの合計業務時間や企業への訪問回数もパートナー人材側から可能な数値を提示下さい。
    • 企業側と面談を通じて相談の上、上限の業務時間や訪問回数などを合意いただき、業務委託契約書に記載のうえ、業務を実施いただきます。
  • 契約期間
    • 原則、3ヶ月単位で契約・更新。
    • 契約開始からの最初1ヶ月間はお試し期間としてお互い解約可能。
  • 契約開始希望時期ないしは業務完了希望時期
    • パートナー人材と相談の上決定。
  • 会議
    • 平日10時-18時、週1~2回、1-2時間程度行える方。
    • 具体的日時は随時双方で調整して決定。
    • 原則Web会議、必要に応じて現地や対面での会議を実施。
    • 応募頂いた後の1次面談(Web会議、現地会議)も上記の時間帯を想定しております。
  • JOINS株式会社の手数料
    • 契約成立後に企業から受け取ります。パートナー人材に対しての手数料は一切発生致しません。
    • 当社が企業から受け取る手数料は以下よりご覧ください。https://joins.co.jp/b1/
  • 本募集業務の実施に必要な資格や許可
    • 原則不要です。
  • 知的財産の取り扱い
    • パートナー人材が企業に対して納品した成果物に関する著作権等の知的財産権(著作権法第27条及び第28条の権利を含む。)は、当該業務が完了するまでの間はパートナーに帰属し、当該業務が完了した段階で企業に移転・帰属されます。その他詳細についての条件は本ページ最下部の「個人情報保護方針・利用規約」をクリックいただき、利用規約第6条をご確認ください。
  • 募集内容に関するお問い合わせ
    • ご不明点等はご気軽に本ページ最下部の「お問い合わせ」をクリックいただきお問い合わせください。

案件内容

業務テーマ
新製品開発(募集終了済み)
具体的内容
最初の業務としてやってほしい具体的なこと
当社は設立5年目のオリーブ農園です。メインはオリーブオイルの生産販売ですが、国産オイルについては差別化がしにくい事と、製品としてのバリエーションを増やしてリスク分散していきたいと考えています。

その第一弾として、ゲストハウスで利用出来るハンドソープやシャンプー、美容液など、オイルや搾りかすを使った2次商品(美容関連商品やライフスタイル関連商品)の開発を考えています。
まずは、オリーブを使用した製品および市場の調査と、調査結果を踏まえた商品・販路の計画策定をお願いしたいと思っています。
特に、自社で生産している産地としての特徴と、瀬戸内海・三豊の地域性を活かした製品開発を考えたいです。

今回はそれらのマーケット情報に詳しい方に参画いただき、当社として進む方向の検討補助、および販路開拓まで含めたサポートをお願いしたいと思っています。
上記のことが必要な背景や現在の自社の状態
当社は2018年に初めて搾油をすることができました。
しかし、その後前代表(父)の様態が悪くなり、販路開拓などを行うことなくなくなりました。
2019年はオリーブの生育自体が進んだこともあり、昨年比3倍のオイルができました。

このような状況にあり、後発として国産オイルマーケットに参入するよりは、私の持つ強みである宿泊施設運営(現在5ブランド6棟)に絡めて、ライフスタイル提案型の商品展開に切り替えれないかと考えています。
宿泊施設は全施設通して年間2500人程度の利用があり、この顧客に対して宿泊施設をショーケースのような形で使い販売できないかと思っております。
※なお、市内にはゲストハウスが増えてきており、これらの施設への販路を増やしていければと思っています
※当社としても、園の拡張に伴い、宿泊施設を増やしていく予定です。
上記のことを実現した上で今後目指していきたい状態
現在の生産力(オリーブオイル)はおおよそ200L/年間(園内にあるオリーブ700本×一本あたりの平均収量3kg×0.1(1kgの果実から100mlのオイルが取れる))
生産の6割を2次商品に転用していきたい。
なお、オリーブは最終的に一本当たりの収量が10kgとなるため、想定収量は700Lとなり、420L程度を転用したいと思っています。
応募期限
2020年1月26日
応募期限は、応募多数となった場合など企業側の判断で期限前に終了となる可能性がありますので、応募検討の場合はお早めにご応募ください。