株式会社中部ウエルボーリング社 (愛知県)

企業概要

会社名

株式会社中部ウエルボーリング社

所在地

〒464-0027 愛知県名古屋市千種区新池町4-55

代表者名

佐藤永一朗

設立年

1947年

資本金

30,000,000円

役員数

3名

概算社員数

16名 (正規・契約・アルバイト含む)

業界

建設・不動産

URL

ファイル

なし

事業概要

地質調査(売上比率:75%〜100%)
建設コンサルタント・測量・不動産賃貸(売上比率:10%以下)

売上

1億〜5億円

ビジョン・
企業理念

 ―人を活かし、人に生かされる会社―
[人こそが中部ウエルボーリング社の財産であり、会社は従業員の幸福に資するものでなくてはならない。それと同時に、会社とその従業員は各個人の適性を知り、会社全体として最適な行動を取ることで、顧客・社会・地球に貢献する。]

我々に求められている本質をすべて汲み取り、精確な地質調査によって応えるとともに、期待を超える価値を提供するプロフェッショナルとなること

募集条件

初回契約の条件概要

  • 契約形態
    • 企業とパートナー人材が直接の業務委託契約(企業から当社が業務を受託し、パートナー人材に再委託は致しません。)
    • 上記業務委託契約締結の契約成立日は、応募後の面談を経て、双方で条件を合意し、電子的な契約締結が完了した日となります。
  • 報酬
    • 業務委託契約で定めた時給単価×実稼働時間にて計算されます。
    • パートナー人材が毎月実稼働時間を計算し、自己申告の元、翌月5日までに請求書を企業に送付。企業が翌月末にパートナー人材の指定銀行口座に直接振込。
    • 現地訪問などに伴う交通費・宿泊費などの渡航費や資料費など事前に企業と合意の元に発生した諸経費の実費については企業負担(精算方法は原則、現地での企業との直接精算)となります。
  • 時給単価
    • 原則、パートナー人材側より業務内容やご自身の経験など踏まえて希望時給単価を企業側に提示ください。
    • 希望時給単価については、最初の契約締結時においては、0から5,000円の範囲でご選択頂いております。
    • パートナー人材が雇用契約のある企業の就業規則上、渡航費のみ企業負担で報酬なしを希望の場合は、0円をご提示ください。)
  • 稼働時間
    • 1ヶ月あたりの合計業務時間や企業への訪問回数もパートナー人材側から可能な数値を提示下さい。
    • 企業側と面談を通じて相談の上、上限の業務時間や訪問回数などを合意いただき、業務委託契約書に記載のうえ、業務を実施いただきます。
  • 契約期間
    • 原則、1ヶ月単位で契約・更新。
    • 契約開始からの最初1ヶ月間はお試し期間としてお互い解約可能。
  • 契約開始希望時期ないしは業務完了希望時期
    • パートナー人材と相談の上決定。
  • 会議
    • 平日10時-18時、週1~2回、1-2時間程度行える方。
    • 具体的日時は随時双方で調整して決定。
    • 原則Web会議、必要に応じて現地や対面での会議を実施。
    • 応募頂いた後の1次面談(Web会議、現地会議)も上記の時間帯を想定しております。
  • JOINS株式会社の手数料
    • 契約成立後に企業から受け取ります。パートナー人材に対しての手数料は一切発生致しません。
    • 当社が企業から受け取る手数料は以下よりご覧ください。https://joins.co.jp/b1/
  • 本募集業務の実施に必要な資格や許可
    • 原則不要です。
  • 知的財産の取り扱い
    • パートナー人材が企業に対して納品した成果物に関する著作権等の知的財産権(著作権法第27条及び第28条の権利を含む。)は、当該業務が完了するまでの間はパートナー人材に帰属し、当該業務が完了した段階で企業に移転・帰属されます。その他詳細についての条件は本ページ最下部の「個人情報保護方針・利用規約」をクリックいただき、利用規約第6条をご確認ください。
  • 募集内容に関するお問い合わせ
    • ご不明点等はご気軽に本ページ最下部の「お問い合わせ」をクリックいただきお問い合わせください。

案件内容

業務テーマ

(募集終了済み)

原価管理システム構築

具体的内容

最初の業務としてやってほしい具体的なこと

原価管理のための労働時間管理

・原価管理のうち、労務費の管理を行いたい。誰がどの業務にどれだけ従事したか把握できるようにしたい。そのためのITツールの活用や、組織の動かし方、レポートの出力についても合わせて検討したい。

<やって欲しい具体的なこと>
・労働時間管理の総論の作成
・ITツールの選定と導入
・各社員へのツール利用推進の検討
・レポートの検討と作成


・3月決算ですが、来期のできるだけ早いタイミングからは月次で原価管理ができるようにしたい。

<選考スケジュールの目安>
・2/1-8 募集
・2/1-15 1次面談
・2/15-22 2次面談
・2/22の週 契約合意・キックオフミーティング
・3/1 業務開始

上記のことが必要な背景や現在の自社の状態

今後当社としては成長戦略の策定とそれに基づく行動計画を明確化させたい。だが現時点においてそれができるだけの情報が社内に蓄積されておらず、まず第一歩として原価管理を行いたい。中でも労務費の管理について、どの業務に何時間従事したか把握することに難儀している。
経営は安定しているが、そのため不活化して折る様子もあり、副業人材の受け入れに伴い、組織活性化も行っていきたい。

上記のことを実現した上で今後目指していきたい状態


意思決定に現場社員が積極的に関与し、社長の判断を仰がなくても組織がスピード感を持って、社員一人ひとりが主体的に業務に関与する会社作りを目指したい。

応募期限

2021年2月8日

応募期限は、応募多数となった場合など企業側の判断で期限前に終了となる可能性がありますので、応募検討の場合はお早めにご応募ください。