シルクホテル 中田製絲株式会社 (長野県)

企業概要

会社名シルクホテル 中田製絲株式会社
所在地〒395-0083 長野県飯田市錦町1-10
代表者名代表取締役 中田 勝己
設立年1973年
資本金50,000,000円
役員数5名
概算社員数74名 (正規・契約・アルバイト含む)
業界ホテル・観光・レジャー
URL
ファイルなし
事業概要
宿泊事業(ゲストリレーション)
・シルクホテル(2021年に増室予定 現在62室→148室へ)
・シルクホテル アネックス(109室)

(売上比率:50%〜75%)
その他(婚礼・宴会・レストラン)事業(売上比率:50%〜75%)
売上5億〜10億円
ビジョン・
企業理念
当社は、最初の25年間は、製糸業を営み、その後1973年からホテルを始めました。

飯田下伊那地域を中心とした地域での、宿泊やレストラン、宴会、そして婚礼等を通じて、地域の皆様の豊かな暮らしや地域の発展を支えてまいりました。現在では当地域最大のサービス運営会社として、多くのお客さまにご利用いただいております。

募集条件

初回契約の
条件概要
  • 契約形態
    • 企業とパートナー人材が直接の業務委託契約(企業から当社が業務を受託し、パートナー人材に再委託は致しません。)
    • 上記業務委託契約締結の契約成立日は、応募後の面談を経て、双方で条件を合意し、電子的な契約締結が完了した日となります。
  • 報酬
    • 業務委託契約で定めた時給単価×実稼働時間にて計算されます。
    • パートナー人材が毎月実稼働時間を計算し、自己申告の元、翌月5日までに請求書を企業に送付。企業が翌月末にパートナー人材の指定銀行口座に直接振込。
    • 現地訪問などに伴う交通費・宿泊費などの渡航費や資料費など事前に企業と合意の元に発生した諸経費の実費については企業負担(精算方法は原則、現地での企業との直接精算)となります。
  • 時給単価
    • 原則、パートナー人材側より業務内容やご自身の経験など踏まえて希望時給単価を企業側に提示ください。
    • 希望時給単価については、最初の契約締結時においては、0から5,000円の範囲でご選択頂いております。
    • パートナー人材が雇用契約のある企業の就業規則上、渡航費のみ企業負担で報酬なしを希望の場合は、0円をご提示ください。)
  • 稼働時間
    • 1ヶ月あたりの合計業務時間や企業への訪問回数もパートナー人材側から可能な数値を提示下さい。
    • 企業側と面談を通じて相談の上、上限の業務時間や訪問回数などを合意いただき、業務委託契約書に記載のうえ、業務を実施いただきます。
  • 契約期間
    • 原則、1ヶ月単位で契約・更新。
    • 契約開始からの最初1ヶ月間はお試し期間としてお互い解約可能。
  • 契約開始希望時期ないしは業務完了希望時期
    • パートナー人材と相談の上決定。
  • 会議
    • 平日10時-18時、週1~2回、1-2時間程度行える方。
    • 具体的日時は随時双方で調整して決定。
    • 原則Web会議、必要に応じて現地や対面での会議を実施。
    • 応募頂いた後の1次面談(Web会議、現地会議)も上記の時間帯を想定しております。
  • JOINS株式会社の手数料
    • 契約成立後に企業から受け取ります。パートナー人材に対しての手数料は一切発生致しません。
    • 当社が企業から受け取る手数料は以下よりご覧ください。https://joins.co.jp/b1/
  • 本募集業務の実施に必要な資格や許可
    • 原則不要です。
  • 知的財産の取り扱い
    • パートナー人材が企業に対して納品した成果物に関する著作権等の知的財産権(著作権法第27条及び第28条の権利を含む。)は、当該業務が完了するまでの間はパートナー人材に帰属し、当該業務が完了した段階で企業に移転・帰属されます。その他詳細についての条件は本ページ最下部の「個人情報保護方針・利用規約」をクリックいただき、利用規約第6条をご確認ください。
  • 募集内容に関するお問い合わせ
    • ご不明点等はご気軽に本ページ最下部の「お問い合わせ」をクリックいただきお問い合わせください。

案件内容

業務テーマ
ホテル客室の販売価格変動の自動化(募集終了済み)
具体的内容
最初の業務としてやってほしい具体的なこと
ホテル宿泊客室販売について、顧客の需要に応じた販売価格と販売量のコントロールをデジタル化による収益最大化の施策を実行して欲しいです。

具体的には新たにAIやダイナミックプライシングなどの外部ツールの選定や導入などの実行を行って頂き、属人化せずに、見える化された状態で実行できる状態を構築して欲しいと考えております。

来年2月までには運用や仕組みのマニュアル化を図り、来年の3月に向けての運用開始するための準備を進めていきたいです。
上記のことが必要な背景や現在の自社の状態
現状としては下記の状況となります。
・経験(かん)でかつ特定の担当者(1名)が販売価格や量をコントロールしている。
・需要と供給のバランスで価格を設定しているが、まだ経験でのみでの推測で対応
・PMSは富士通のGLOVIAsmartを使用し、TLリンカーンで自社ネット宿泊予約とOTAの残室管理を行っています。

一方で、ホテルの部屋数の増室を予定しており、残室管理がより重要となってくるため、こうした属人的で勘に頼っていることによる機会損失を防止し、その状態からの脱却をしたいと考えています。

また、周辺にあるホテルの価格帯の動向を調査・分析や価格が変動するという当たり前になっている現状の対応、需要予測の変化に対応して売上の拡大の最大化を実現したいと思っています。

今回、一緒に業務を推進してくださる方には、観光(ホテル)事業の既存概念に捉われるのではなく、ネット販売やSEなど他業界で運用している方法や事例などを取り入れながら、新しい取り組みや仕組みを取り入れることで、社内の新陳代謝をおこしていきたいとも考えています。

なお、従業員も地元採用100%のために、一緒に業務を並走することで、社内の人材の育成にもつなげていきたいです。
上記のことを実現した上で今後目指していきたい状態
今後さらなる施設展開(2021年3月からの増室)を進めていく上で、他の業務のおいても人手不足やスキルの属人化への対策を行っていきたいと考えています。
応募期限
2020年11月24日
応募期限は、応募多数となった場合など企業側の判断で期限前に終了となる可能性がありますので、応募検討の場合はお早めにご応募ください。