萩原珈琲株式会社 (兵庫県)

企業概要

会社名萩原珈琲株式会社
所在地〒657-0836 兵庫県神戸市灘区城内通1丁目6-18
代表者名萩原 英治
設立年1928年
資本金30,000,000円
役員数6名
概算社員数20名 (正規・契約・アルバイト含む)
業界メーカー・流通・小売・サービス
URL
ファイル
事業概要
コーヒーの製造(炭火焙煎)・卸販売
 ・個人事業の喫茶店、菓子店、レストランを中心に約1,000件ほどの納品。
 ・内、関西地区約70%、その他30%。(売上比率:75%〜100%)
コーヒーの製造(炭火焙煎)・ECサイトでの販売
 自社ECサイトでの個人消費者(全国)への販売(売上比率:10%以下)
売上1億〜5億円
経営者
プロフィール
萩原 英治(はぎはら ひではる)38歳
 5児の子育て奮闘中、働きながら子育て出来る環境づくりを推進中
☆元々は家業を継ぐつもりはなかった。小学校時代の野外活動好きな先生の影響を受け、生き物の多様性に興味を持ち、大学へ進学。生き物の進化には革新が必要との学びから、代々続く歴史ある家業に通じるものを感じ、卒業後、コーヒーを学びにブラジルへ渡航。2015年10月・創業88年目に経営に参画。

2001年03月 兵庫県立神戸高等学 卒業
2005年03月 広島県立大学・生物資源学部 生物資源開発学科 卒業(昆虫学)
2005年04月 単身でブラジルへ渡航。コーヒー農園及びコーヒー輸出業者にて修行
2005年10月 グアテマラへ渡航。コーヒー農園及びコーヒー輸出業者にて修行
2006年04月 アメリカ合衆国へ渡航。語学及び喫茶の研修
2006年10月 石光商事株式会社 東京支店 コーヒー飲料部門・茶類チーム 量販PB製品担当
2009年04月 萩原珈琲株式会社 入社 製造部 作業場 配属 (梱包作業)
2009年10月 同社 営業部 商品開発課 配属
2011年04月 同社 営業部 営業課 配属
2013年04月 同社 取締役 統括マネージャー 就任
2014年03月 同社 営業部 退任
2018年12月 同社 4代目 代表取締役 マネージャー 就任(3代目社長との代表取締役2名体制)
ビジョン・
企業理念
老舗の良さは何か?
何を残し、何を変え、何を創るのか?
私たちは日々「新しいのれんの守り方」を追求し、提案しています。

①:私たちが守り、継ぐもの。
初代より受け継がれてきた、炭火焙煎を私たちは守ります。その、炭火焙煎とは…

・燃料費が高い。
・他の焙煎方法よりも仕上がりが遅い。
・マニュアル化が不可能。つまり、再現性が低い。
・火力調整の為に人が付きっきり。人件費がかかる。

なぜこのような手間で、生産効率の悪い焙煎方法を続けるのか。

マニュアル化ができない炭火焙煎。
日々変化する環境の中で、私たちは「焙煎師」を育て、継いでいます。
焙煎師それぞれの「炭火づくり」、五感を駆使した個性的なアプローチ。
経験に基づく伝統や技術には、決して機械にできない、「人間力」が存在し、
そこに「信頼」や「歴史」が加わることで、老舗ならではの「ニッチ」な価値を創造します。

②: 私たちが変えつつあるもの。
現在、私たちは「オーナー中心」から、「社員中心」の会社づくりへ挑戦しています。
4代続く、同族オーナー企業。固定概念や慣習的に行われていることもたくさん。
その中で社員の「やりがい」を創造し、やらされる会社から、社員が「創る」会社への移行を目指しています。

現在の取組み事例
・労働モデル作成。社内ワークショップ。(自分達のルール、自分達で。)
・有給消化推進制度の新設。(休めない?休まない?休むためのルール作りを社員で挑戦。)
・売上目標の廃止。(売上だけを見る時代なのか?)
・労働生産性目標の新設 。(総売上/総労働時間を目標に、売上+時間への意識改革。)
・経営陣による人事考課制度の廃止。(評価のミスマッチの防止。)
・自己評価制度の新設。(自己申告制。棚ぼた100点。努力家70点。どちらも評価します。)
・リーダーは俺だ!(営業部で実験的に実施。リーダー選出方法から、決定までを社員で。)
・社員旅行(宿泊)の廃止。(子育て世代だって、行きたい!)
・家族もパートナーもみんなOK、日帰り旅行の新設。

結果、「月平均残業:2時間以下/月/人」、また「全社有休消化率65%」を達成しました。
これに伴い、子育て世代の社員雇用が増えつつあります。とりわけ、日帰り旅行への参加人数は、社員(役員含む)26名に対し43名の参加と、社員参加型、社員がやりがいを感じられる会社づくりへの第一歩を歩み始めました。

③:私たちが目指すもの。
社員と共に作り上げるコーヒーは、代々守り、継いできた伝統や技術が息づいています。
コーヒーは、自分達だけの「道具」、使いやすい「道具」、マニアックな「道具」。この、こだわりの「道具」を手に取り、まちにくり出し、まちづかいをしながら、関わる人々や社員が「つながり」や「やりがい」を感じられる仕組みづくりに取り組んでいます。

□神戸市役所 市民ロビーの新しい使い方の提案
・地産地消、食育サンド
・週末ブックカフェ
・子育て応援カフェ
・週末絵本カフェ
全部組み合わせて、市民が集う、週末の市役所。こんな市役所、目指しませんか?

□神戸市灘区とのコラボ 灘オヤジラボ
・灘区のシニア世代20名を集めてワークショップ。
・3人一組でオヤジ達の好みのブレンドコーヒーを作成。
・小学校の授業形式。ホームルームあり。
・コミュニティ形成を図る。
灘のおやじブレンドを期間限定で商品化し、それをまちなかで使用。
多世代交流イベントとして、地元の商店街とイベント開催。

□まちなかカフェ (協力事業)
・衰退が加速する、地元の市場の「防災空地」の活用。
・こどもが店員さん。
・保護者や友達、おじいちゃん、おばあちゃんまでもが集う、多世代交流の場。
・普段来ない人が市場に来るきっかけに。
・まちなかカフェの「コーヒーかす」の活用。
・隣の防災空地「いちばたけ(畑)」の「堆肥づくり」に利用。
・通るたびに「シャカシャカ」こども達が、堆肥を振ることができる。
・こども達が作った堆肥を使い、こどもたちが野菜を自由にお世話し収穫できる空間。
・こどもや保護者が市場へ行く、機会づくり。

まだまだ、たくさん取り組みがありますが…。

老舗として、何を残し、何を変え、何を創るのか?
「新しいのれんの守り方」を追求し、提案していきます。

募集条件

初回契約の
条件概要
  • 契約形態
    • 企業とパートナー人材が直接の業務委託契約(企業から当社が業務を受託し、パートナー人材に再委託は致しません。)
    • 上記業務委託契約締結の契約成立日は、応募後の面談を経て、双方で条件を合意し、電子的な契約締結が完了した日となります。
  • 報酬
    • 業務委託契約で定めた時給単価×実稼働時間にて計算されます。
    • パートナー人材が毎月実稼働時間を計算し、自己申告の元、翌月5日までに請求書を企業に送付。企業が翌月末にパートナー人材の指定銀行口座に直接振込。
    • 現地訪問などに伴う交通費・宿泊費などの渡航費や資料費など事前に企業と合意の元に発生した諸経費の実費については企業負担(精算方法は原則、現地での企業との直接精算)となります。
  • 時給単価
    • 原則、パートナー人材側より業務内容やご自身の経験など踏まえて希望時給単価を企業側に提示ください。
    • 希望時給単価については、最初の契約締結時においては、0から5,000円の範囲でご選択頂いております。
    • パートナー人材が雇用契約のある企業の就業規則上、渡航費のみ企業負担で報酬なしを希望の場合は、0円をご提示ください。)
  • 稼働時間
    • 1ヶ月あたりの合計業務時間や企業への訪問回数もパートナー人材側から可能な数値を提示下さい。
    • 企業側と面談を通じて相談の上、上限の業務時間や訪問回数などを合意いただき、業務委託契約書に記載のうえ、業務を実施いただきます。
  • 契約期間
    • 原則、3ヶ月単位で契約・更新。
    • 契約開始からの最初1ヶ月間はお試し期間としてお互い解約可能。
  • 契約開始希望時期ないしは業務完了希望時期
    • パートナー人材と相談の上決定。
  • 会議
    • 平日8時半-17時半、月1回、1時間程度行える方。
    • 具体的日時は随時双方で調整して決定。
    • 原則Web会議、必要に応じて現地や対面での会議を実施。
    • 応募頂いた後の1次面談(Web会議、現地会議)も上記の時間帯を想定しております。
  • JOINS株式会社の手数料
    • 契約成立後に企業から受け取ります。パートナー人材に対しての手数料は一切発生致しません。
    • 当社が企業から受け取る手数料は以下よりご覧ください。https://joins.co.jp/b1/
  • 本募集業務の実施に必要な資格や許可
    • 原則不要です。
  • 知的財産の取り扱い
    • パートナー人材が企業に対して納品した成果物に関する著作権等の知的財産権(著作権法第27条及び第28条の権利を含む。)は、当該業務が完了するまでの間はパートナーに帰属し、当該業務が完了した段階で企業に移転・帰属されます。その他詳細についての条件は本ページ最下部の「個人情報保護方針・利用規約」をクリックいただき、利用規約第6条をご確認ください。
  • 募集内容に関するお問い合わせ
    • ご不明点等はご気軽に本ページ最下部の「お問い合わせ」をクリックいただきお問い合わせください。

案件内容

業務テーマ
ECサイトの新規顧客開拓(募集終了済み)
具体的内容
最初の業務としてやってほしい具体的なこと
既存のECサイトを活用して、主に関東圏における新規顧客(個人消費者)の獲得を目指します。喫茶卸業が中心である私たちは、ノウハウがありません。

ECサイトの認知度向上(対現状120%up)、新規顧客獲得までの組み立てをお願いします。
※ただし、品質にこだわり焙煎士や数量を限定して販売しているため、他社Webサイトへの出店は不可、あくまでも自社サイトのみの販売となります。

ECサイトは、開設当初から外注、委託先は社内販売システムも頼んでいる長い付合いです。19年10月に体験型サイトにリニューアルし、スマホ対応、クレジット決済を導入。
リニューアル後は、月1回、外注先よりECサイトアクセス状況について報告を受けています。
まずは外注先3名とコミュニケーションを取りながら、この報告内容を確認・自ら検証し、認知度向上のための施策を提案して欲しい。

当社製品は、伝統・技術・品質に共感する顧客を関西圏で獲得しています。直営店に訪れていただいたお客様をECサイトへの購買に繋げてきました。
最初から関東圏に直営店を出すリスクは大きいが、リスクを小さくし、関東圏で同じような効果を狙える取組みを進めたいです。
例えば、個人消費者にアプローチし、ECサイトを介してまずは当社商品を飲んでいただく機会や顧客体験を創り出すことをやりたい。
テレワークが拡大すると、自宅で美味しいコーヒーを飲みたいという需要があるのではないかと想定しています。
最初に、直営店を訪問いただき、当社製品を実際に体験してもらいながら、ECサイトの認知度向上や販促の仕掛けを考えることをお願いしたい。
上記のことが必要な背景や現在の自社の状態
関西圏で70%弱の顧客を持つ私たち。その顧客の大半が自営であり、高齢化が進んでいます。また、現在の飲食業の後継は難しく、先々の卸業における取引額は減退の見込です。
よって、ECサイトを通じた新規顧客の獲得、及び売上の確保が急務です。
とりわけ、関西圏外に出ると、私たちの認知度は皆無に近く、また、偶然にも認知や支持を得たところで「どこで買えるの」と購買機会に出会えません。
人口減少が加速する中で、20年後、30年後に会社をつなぐ。そのためには、既存顧客に加え、首都圏における認知度の向上、コアなファン層の拡充を図りたいと考えます。
上記のことを実現した上で今後目指していきたい状態
現在の様々な取り組みを知っていただくための機会を設ける。
小さなワークショップや企業セミナー等(個別企業や交流センター、地域活性センター等の利用)の開催し、コーヒーをきっかけに、より深く会社のことを知ってもらえる機会づくり。
また、工場見学ツアーや、まちなかカフェのスタッフ体験など、様々な企画、交流を深め、弊社コーヒーを通じた「人の交流」を図りたいと考えます。
応募期限
2020年4月16日
応募期限は、応募多数となった場合など企業側の判断で期限前に終了となる可能性がありますので、応募検討の場合はお早めにご応募ください。