新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う面談・業務遂行についての当社サポート内容について

みなさま、こんにちは。
JOINSの猪尾愛隆です。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、2次面談での対面会議や企業と人材との契約締結後の対面会議などの実施が難しくなってきている状況かと思います。

当社としては、せっかくいい出会いがあり、生み出せるかもしれない業務を想像しワクワクしていた企業の経営者の方や人材の方が、新型コロナのせいで面談や業務を止めるのではなく、リモートに切り替えることにぜひチャレンジしてほしい、と心から願っております。

当社ではリモートへの切替を判断された企業・パートナー人材の皆様に対して、以下の通り、具体的なリモートワーク対応へのサポートを行っていく所存です。

ご気軽にお声がけいただければ幸いです。

1.2次面談および契約後業務のリモートワークへの切替に対するサポートについて

これまで当社では2次面談については対面会議を推奨して参りましたが、今後は2次面談をWeb会議で行うこと(対面会議を行うことなく契約し業務開始すること)にチャレンジする企業・パートナー人材の皆様を積極的にサポートして参りたいと思います。

同様に、契約後にキックオフの会議を現地で対面会議で行うなどを予定していたり、定期的に対面会議を行う企業様についてリモートワークへの切替を積極的にサポートして参りたいと思います。

具体的には、以下の対応を全て既存サービス範囲(追加料金など一切なし)にて行わせていただきます。

  • 当社推奨Web会議ツール「zoom」(当社で面談時に利用いただいているツールはwherebyですが、契約開始後の特定メンバーと行う場合にはzoomを推奨しています)の申込・ダウンロード・利用などの導入サポート
  • その他リモートワークに必要なツール(マイク・スピーカー、カメラ、その他)についての具体的な選定や利用方法などについてのアドバイス(電話・メール・Web会議でPC画面共有しながら設定のサポートなど)
  • リモートワークに慣れている当社スタッフが企業・パートナー人材が実施するWeb会議の事前に案内から当日の会議への参加し、会議の始めの部分などの進行のサポートなど。

いつでも当社担当者もしくはお問い合わせフォームよりご気軽にご連絡ください。

2.上記の対応の根っこにある当社が大切にしたいこと

これまで対面でないとうまく行かないと思えていた仕事も、実は工夫次第で、今のWeb会議の品質ならできることはたくさんあること。そして、その「対面でないと、、、」という価値観を思い切って手放し、リモートに切り替えることで得られる価値は実は想像以上に大きいということ。

このことは2017年6月に創業以来、メンバー全員フルリモートワークを実践してくる中で毎日のように実感しています。

当社のお客様である企業やパートナー人材の皆様にも、その価値を実感してもらいたいと心からメンバー一同思っています。

今回の状況にとても近い私の実体験をお話をさせてください。

私自身、JOINS株式会社の代表として、JOINSのメンバーを採用する際にはこれまでは契約する前に一度は対面で会うことが大事だと考えていました。

しかし、実はこれももしかしたら既存概念ではないかと考え、2020年2月に3名、3月に1名、合計4名を対面で合うことなく、契約を行い仕事を始めることにチャレンジしてみました。(4名のうち、2名は海外在住者でした)

その結果、経営者として感じていることとしては2つあります。

①対面で会うことは私の中での心配(リスク)を減らすためでしたが、実は、1ヶ月で途中解約できる契約にすることでカバーできることが多い。

これまで私が契約前に対面で会う目的は改めて考えると、業務を一緒に行おうとするその候補者の方が当社に損害を招くような変な人材ではないかどうかが心配であり、一度会えば全てわかるわけではないと思いながらもせめて一度は対面で会ってからというどちらかというと消極的な理由でした。

でも、今回、一度も会わずに業務を実際に始めてみて、私の中で大きな安心材料となったのは、1ヶ月で途中解約できる契約となっていることでした。いきなり当社にとって命運を左右する業務を依頼するわけではないですし、やってみて、いつでも解約できるならそれがわかった時点で解約しても大きなデメリットはないなと思えたことは大きいです。

また、実際には業務を一緒に始め、まずは小さな業務を依頼し、その業務を終わらずまでに発生するお互いのやりとり、相手のちょっとしたひとことや対応などの方が、1時間の面談で得られる情報と比較して、この人は変な人ではないという心配を減らし、信頼できるという安心が増える生きた情報が得られた実感もありました。

結果的には4人とも素晴らしい成果を出してくださっており、心から出会えて、そして、スピードを優先して業務を始めてみてよかったと思えています。

以前からですが、企業とパートナー人材のみなさまが当社を通じて締結していただく際の業務委託契約は1ヶ月でも解約ができる契約となっておりますのでご安心ください。

②採用の面談では、対面かWeb会議かではなく、何をその時に話すか方が大事

上記の4人のうち1人で3月9日から契約して業務をスタートしているメンバーと一昨日対面で初めて会いました。実は私は初めて会ったという感覚はなく、相手に言われるまで全く気付きませんでした。

当社では、1・2次面談で相互理解を促すことを目的とした心理的安全性プログラムをご用意しています。今回、上記のメンバーと私とは1・2次面談、2次面談、両方ともWeb会議でしたがプログラムを丁寧に行っていました。

業務終了後に食事をしながら、「どうして初めて会った気がしないか」と話していた際に、このプログラムを通じて相手が苦手にしていることや前職をやめた時に自分自身をどのように変えたいと思ったかなどを包み隠さず話してくれていたことが、私にとって一緒に働き出す上での心配を減らし、安心を増やす上でとても大きく影響していたことに改めて気付きました。

こうしたことも、契約を決める上で、大きなポイントになると思います。そして、それは対面会議でなくても十分作り出せる情報なんだと実感しました。

こうした実体験からも、今回の新型コロナの影響で、せっかくいい出会いがあり、始まる業務を想像しワクワクしていた企業の経営者の方や人材の方がおられたのであれば、面談や業務を止めるのではなく、リモートに切り替えることにぜひチャレンジしてほしい、と心から願っております。

そして、そのチャレンジを全力でサポートして参りますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。